坐骨神経痛とは?原因は腰椎ヘルニアによる神経の刺激で出る総称千葉県

2019/12/23 ブログ
施術

坐骨神経痛とは?原因は腰椎ヘルニアによる神経の刺激で出る総称で、病名ではなく呼び名です。 坐骨神経は末梢神経のなかで最も太く長い神経で足の指先まで伸びています。梨状筋の下を通って大腿後面を下行し、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。坐骨神経痛は、痛いといゆう場所を刺激したり、マッサージ、ストレッチ、電気治療をしても根本治癒には至りません。少しは軽くなるかもしれないけど、時間がたてば、痛みが引け治ったつもりでいるかもしれませんが、又時が来れば痛みだすといゆう事の繰り返しを致します。
坐骨神経痛は、(90%)以上が腰椎椎間板ヘルニアによる脊髄神経の刺激によって出てくる症状なので根本的に治すのにはヘルニアによる脊髄神経の刺激を取り除くことが必要です、ふつう病院では、手術が必要ですが、当院では、椎間板ヘルニアを、根本的に治療する為には、内側の飛び出た軟らかくゼリー状の髄核を椎間板ヘルニアになる前の元の状態に戻してあげることです。当院独自の、ソフト整体療法は、内側の飛び出た軟らかくゼリー状の髄核を自分で元の状態に戻る(自然治癒力を生かした)体に優しい、負担の少ない治療を致します。一回の施術で大勢の方々が治癒致しています。

「もう治らないんじゃないか・・・。」と諦めていた方や、病院で「手術をしなければ治らない。」と言われた方など、大勢の方々が当院にご来院いただいて、1回で治癒致しております。
坐骨神経痛でお困りの方は当院へ!

効果効能には個人差があります。