ぎっくり腰とは 東京都葛飾区金町

2020/01/02 ブログ
ピノキオ

何気なく物を持ち上げようとしたとき、その荷物が思いのほか、重たかったために、ギクッと突然に腰がいたみ、時には立っていられないほどになることも有る。俗に「ぎっくり腰」といわれるもので、朝、顔を洗おうと腰を屈めただけで鳴る事もある。せきやくしゃみしただけでもなることも有る。また、運動不足のため、腰部筋肉の筋力低下していて、ちょっとした急な動作で、腰の筋肉の捻挫を起こすことも多いようである。そして最も多いのは、中年過ぎに起こる椎間板症や、変形性脊椎症などがもとで突発する一種の急性病である。だから,発病のの特徴で言えば、ぎっくり腰、病態生理などから検討すると、実は、腰部筋力の急性挫傷から、椎間板ヘルニアの突発までのいくつかの病症も含まれている。

ぎっくり腰を整体で、治すことができるが、ぎっくり腰は、起こした時点では、どれだけの症状で、どれだけ広まるか分からないので、一日、一晩我慢して次の日に治療すると早く治る、当整体院では、ぎっくり腰を起こしてからどれだけの時間がたっているか質問してから受け入れをしています。短くても6時間立ついれば治療を受け付けています。ぎっくり腰の治療は当整体院にお任せください。

効果効能には個人差があります。