ヘルニア 治療 整体 東京 葛飾区金町

2020/01/20 ブログ
施術

ヘルニア治療整体で治す東京都葛飾区東金町有る整体院ヘルニアとは(飛び出す)ことをいいます。ここでは、椎間板ヘルニアの事を言います。椎間板ヘルニアとは、椎間板は、骨と骨の間にあるクッションの働きをする、円柱状の線維輪に囲まれている、中にはゼリー状の髄核があります。ゼリー状の髄核が線維輪を突き破り飛び出した状態をヘルニアといいます。そのヘルニアを治すには、病院での治療は、ブロック注射、痛み止めの薬、シップ、牽引、電気治療器、理学療法士よるリハビリをしていて、どうしても、痛みが取れなけば、手術をして、飛び出したヘルニアを取り出すことをします。病院での治療はここまでで、後に残る坐骨神経痛の治療は痛み止めの薬、ブロック注射、しか方法が無くこれで、おわりです。整体では、ヘルニアの治療は飛び出したゼリー状の髄核を強く挟んでいる線維輪と線維輪が挟んでいるヘルニアをもとの状態に戻してあげることです。線維輪と線維輪で強く挟んでいるのをゆるめてあげることです。そうすることによってヘルニア(ゼリー状の髄核が元の状態に戻る自然治癒力を利用した)施術で体に負担のない治療を致します。触診でヘルニアが残っているか治癒しているかが分かります。触診で痛みが無いのを確認してから、坐骨神経痛の治療を致します。坐骨神経痛治療はヘルニアが出来た場所により症状に違いがありなす。その症状に合わせた治療することにより、早い治癒が望めます。ヘルニアと坐骨神経痛の治療は当整体院にお任せください。一回で治癒が望めます。

効能には個人差があります。