椎間板ヘルニアとは 手術 症状 首 整体 東京

2020/01/20 ブログ
施術

椎間板ヘルニアとは骨と骨の間にあるクッションの役目を果たすために有る椎間板が何らかの圧力がくわわり、ヘルニア(飛び出す)ことをいいます。飛び出したゼリー状の髄核がヘルニアが(抹消神経)脊髄神経を圧迫して腰が痛くなる病状を言います。それに伴い出てくる症状が坐骨神経痛である。坐骨神経痛とは腰で脊髄神経を圧迫して出てくる症状で腰、臀部、太もも、太ももの裏ハムストリング筋、すね、ふくらはぎ、足首、かかと、足の指先まで伸びている坐骨神経根が悪戯をして、痛くなる、痺れなどをおこす事を言いいます。へルニアを治してから、坐骨神経痛の治療をした方が早く治癒致します。ヘルニアの治療は当整体院にお任せください。飛び出したゼリー状の髄核が元の状態に戻してあげることです。線維輪と線維輪に挟まれた髄核が元の状態に戻ろうとする自然治癒力を生かした施術で身体に負担の少ない治療法です。ヘルニア、坐骨神経痛の治療は当整体院にお任せください。

効果効能には個人差があります。