坐骨神経痛とは クッション 治療 整体 東京都葛飾区東金町

2020/01/23 ブログ
ピノキオ

坐骨神経痛とは クッション 治療 東京都葛飾区に有る整体院坐骨神経痛とは、座骨神経に沿ってお尻から脚にかけて痛みや痺れを起こす総称です。坐骨神経痛を起こす病気には代表的なものに、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など代表とする脊椎疾患を上げることが出来ます。しかし脊椎疾患だけでなく色々な病変が有りますが、ここでは、腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の症状を述べることにいたします。神経に沿って臀部、太もも、太ももの裏ハムストリング筋、すね、ふくらはぎ、足首、かかと、足の指先まで痛みや痺れなどをおこす。両方の脚に出来る方もいますが、片側に発症する方が殆んどです。お尻が痛くて長時間座っての仕事をしている方は、クッションや座布団などでしのいでいるみたいです。クッションや座布団などでも痛みが柔らがない人は仕事を休んでいる(痛みが柔らぐまで)方もいます。治療は腰部椎間板ヘルニアが原因の方は椎間板ヘルニアの治療してから坐骨神経痛の治療をした方が早い治癒が望めます。薬には、リリカ、ロキソニン、タリージェ、漢方薬、市販薬、等々色々有りますが効かない方の方が多いのが、現状であるす。坐骨神経痛の治療はヘルニアの治療を得意としている当整体院にお任せください。効能には個人差があります。