ヘルニアとは 治る整体治療院 東京都葛飾区

2020/01/24 ブログ
施術

へルニアとは(飛び出す)ことをいいます。椎間板ヘルニアとは椎間板から飛び出したゼリー状の髄核がヘルニアです。椎間板は線維輪に取り囲まれていて中にはクッションの働きをする、ゼリー状の髄核が有ります。その髄核が何らかの圧力により線維輪を突き破り飛び出して脊髄神経を圧迫して痛みが出てくる症状を椎間板ヘルニアといいます。そのヘルニアを治す為には、飛び出したゼリー状の髄核が元の状態に戻すことです。戻すためには線維輪と線維輪に強い力で挟まれたへルニアをもとの状態に戻してあげるには強い力で挟んでいる線維輪をゆるめることにより、ゼリー状の髄核が元の状態に戻る自然治癒力を生かした施術で身体に負担の少ない治療を致します。腰に出来れば、腰部椎間板ヘルニア、首に出来れば頚椎椎間板ヘルニアです。へルニアの治療には手術する方法も有りますが、手術にはリスクが在り失敗した場合は、痛みが取れない、半身麻痺などの症状が一生続きます。もちろん、手術をしなければならないヘルニアも有ります。(排尿障害)等々色々あります。症状に違いがあり腰に出来れば、脊髄神経を圧迫して座骨神経根(一番太くて長い神経)が悪戯をしてお尻、(臀部)、股関節の違和感、太もも、太ももの裏ハムストリング筋、すね、ふくらはぎ、足首、足の指先まで強い痛み、痺れ、などをおこす。首に出来れば、頚椎椎間板ヘルニア、(首ヘルニア)です。症状に違いがあり、頭が痛い、首が痛い、眼が疲れる、肩が痛い、肩甲骨周りが痛い、違和感を感じる、背中が痛い違和感を感じる、腕が痛い、指先まで痛み、痺れがある、出来るのわ、首ヘルニア、腰ヘルニアも同じで何らかの圧力で椎間板から飛び出したゼリー状の髄核が脊髄神経を圧迫して痛みが取れない、状態になる、首ヘルニアの治療も同じで飛び出したゼリー状の髄核が元の状態に戻すことです。首の場合は条件として(うつ伏せで顔が真横が向ける状態)である。ヘルニアの治療は当整体院にお任せください。効果効能には個人差があります。