坐骨神経痛とは 薬 整体 東京都葛飾区

2020/01/24 ブログ
ピノキオ店内

坐骨神経痛とは、座骨神経に沿ってお尻から股関節の違和感、太もも、太ももの裏ハムストリング筋、すね、ふくらはぎ、足首、足の指先まで痛みの総称を指します。坐骨神経痛を引き起こす病気としては、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症を代表とする脊椎疾患を挙げることが出来ます。その他にも数多くの疾患をが坐骨神経痛の原因となりえます。原因となる疾患が多岐に渡ることからも分かるように、坐骨神経痛に対しての治療のアプローチは実に様々です。代表的なのが腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症があげられる。治療法はに病院では、安静や固定、痛み止めの薬、、理学などよる保存的療法や、症状に応じた手術療法が療法選択されることになります。脊髄から枝のように伸びている神経を末梢神経といいます。座骨神経はその中でも最も太く長い神経でありお尻から太ももの裏ハムストリング筋を通りふくらはぎや足先へとつながっています。坐骨神経痛とは、この座骨神経に関連して生じるいたみの総称を指します。ここでの、坐骨神経痛とは、腰部椎間板ヘルニアの坐骨神経痛について述べたいとおもいます。腰にへルニアが出来れば、腰へルニアと呼びます。腰へルニアが腰骨の後ろを通る脊髄神経を圧迫して痛みが腰骨の下、座骨神経が痛みを出す総称を指します。薬には、リリカ、ロキソニン、タリージェ、漢方薬、市販薬などが有りますが、症状により効く人もいますが、殆んどの人に効果が見られない!坐骨神経痛の治療はヘルニアの治療をしてから坐骨神経痛の治療を致しましたら、早い治癒が望めます。身体に負担の少ない施術を受けて見てくださいますようお願い申し上げます。坐骨神経痛の治療は当整体院にお任せください。効果効能には個人差があります。