坐骨神経痛治療 東京 整体 東京都葛飾区

2020/01/29 ブログ
ピノキオ院内

坐骨神経痛は原因疾患が多岐に渡るため、てきせん治療方法が選別されることになりますが、第一選択としては保存的治療が基本となります。原因によっては手術による治療介入が考慮されるものもありますが、保存的治療に対しての反応性を見てから適応について決定されることになります。坐骨神経痛の保存的治療としては、患部の安静を保つことが大切です。運動をきっかけとして症状が増悪することも有るため、一時的にうんどうをやめることも必要になり得ます。消炎鎮痛剤で痛みに対処したり血管拡張剤を使用することで筋肉の凝りを取ったり血行を良くしたりもします。また装具を利用したり温熱療法をしたり、神経ブロック療法が行われることも有ります。こうした保存的療法が効果が見えない場合は、手術といゆう選択しも有りますが、ここでは、整体での治療を利用したいと思います。坐骨神経痛の原因と言えば腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症を思い浮かぶでしょう。ここでは、坐骨神経痛の代表的な病気では、椎間板ヘルニアが一番多い病変になります。椎間板ヘルニアとは椎間板から両方に枝のように伸びている抹消神経が悪戯されて痛みを出す病気です。これを治す為には、へルニアを治療することです。ヘルニアとは(飛び出す)ことをいいます。椎間板から飛び出したヘルニアを治すには腰部椎間板ヘルニアになる前の状態に戻してあげることです。腰部椎間板ヘルニアは腰部でヘルニアが脊髄神経を圧迫して座骨神経根が痛みを出す病気です。当整体院では、飛び出したヘルニアをもとの状態に戻す身体に負担の少ない施術いたします。坐骨神経痛、椎間板ヘルニアの治療はピノキオ整体治療院にお任せください。効果効能には個人差があります。