ヘルニア症状 東京都葛飾区

2020/02/04 ブログ
施術

ヘルニア症状腰や、臀部が痛み,下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。椎間板ヘルニアは、椎間板は線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。髄核が線維輪を突き破りその一部が出て来て神経を圧迫して症状が出てきます。下肢の感覚が痛いか足の力が弱くなって射ないかなどで、診断できます。さらに、X線(レントゲン)撮影、MRIなどで検査を行い診断を確定します。ただしMRI画像で椎間板から飛び出したヘルニア髄核が(飛び出す)ことをいいます。突出していても、症状が無ければ多くの場合問題ありません。痛みの強い時期には、安静を心がけ、コルセットをつけたりします。消炎鎮痛剤の内服薬や坐薬、神経ブロック注射を行い痛みをやわらげています。こういった治療を病院では致します。当院では椎間板から飛び出した髄核がもとの状態に戻ろうとする自然治癒力を生かした施術で身体に負担の少ない施術いたします。一回で治癒が望めます。ヘルニアの治療は当院にお任せください。効能には個人差があります。