坐骨神経痛とは 簡単に 症状 原因 ストレッチ 治療 東京

2020/02/07 ブログ
ピノキオ

坐骨神経痛とは 簡単に 症状 原因 ストレッチ 治療 東京 坐骨神経痛とは簡単に言うと腰で神経を圧迫して(臀部)おしり、股関節の違和感、ふともも、太ももの裏ハムストリング筋、ふくらはぎ、すね、足首、足の指先まで痛み痺れなどの症状が出てくる病気です。原因は、腰に椎間板ヘルニア、ができてへルニア(飛び出す)ことをいいます。椎間板から飛び出したヘルニアが後ろを通る脊髄神経を圧迫して抹消神経を悪戯して坐骨神経根が痛みを出す病気です。痛みを軽減する為にはストレッチが有効ですが、痛みが強いときは、なかなか、出来ないでしょう。動けてからやりましょう。治療は、飛び出したヘルニアの治療をしてから、坐骨神経痛の治療をした方が治りが早く治るでしょう。当整体院にお任せください。飛び出したヘルニアの治療は、当院独自の施術で飛び出したヘルニアがもとの状態に戻ろうとする自然治癒力を生かした施術で身体に負担の少ない施術いたします。へルニア、坐骨神経痛の治療は当整体院にお任せください。効能には個人差があります。一回の施術で大勢の方が治癒致しています。