へルニアと 坐骨神経痛の 違い 東京都葛飾区

2020/04/06 ブログ
幸福の木の花

椎間板へルニアと坐骨神経痛の違い 東京都葛飾区 へルニアとは(飛び出す)ことをいいます。椎間板ヘルニアは椎間板からゼリー状の髄核が飛び出して後ろを通る脊髄神経、抹消神経を悪戯して圧迫して痛みを出すのが椎間板ヘルニアで坐骨神経痛とは、お尻・足の後ろ側ハムストリング筋・すね・ふくらはぎ・足首・足の指先まで・現れる、痛み・しびれ・麻痺などの症状で坐骨神経痛は、病名ではなく、症状を表す言葉で総称である。椎間板ヘルニアとは、椎骨の間でクッションのような役割をする椎間板が変性して突出し、近くにある神経を圧迫することで、様々な症状を引き起こす病気です。椎骨は背骨を形成する骨で、頚椎に7個、胸椎に12個、腰椎に5個存在します。体の姿勢を維持する為の役割を果たす、脊椎の中心部ににある脊柱管と呼ばれる脊柱管の中を走っている脊髄・馬尾を守る役割を持ちます。脊髄は脳から出て脊柱管の中を通り腰部まで走りますが、一つ一つの椎骨の間椎間板から左右に二本の末梢神経を出して、その周辺の部分の運動や知覚を司ります。椎間板ヘルニアでは、この脊髄や末梢神経が突出した椎間板ヘルニアによって刺激されることで、痛みやしびれ・麻痺など様々な症状がしょうじます。多くは頚椎・腰椎に起こります。