東京 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 整体 治療 感謝しもしきれない感謝!!

2021/07/06 ブログ
ストレッチ

東京 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 整体 治療 感謝しもしきれない感謝!!坐骨神経痛とは、座骨神経に沿ってお尻から脚にかけて起こる痛みの総称を指します。坐骨神経痛を引き起こす病気としては、腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症を代表とする脊椎疾患を例に挙げることができます。坐骨神経痛を起こす嫉病には、色々あるが、椎間板ヘルニアから来る坐骨神経痛を取り上げたい。私たちの身体のなかで、脊髄から枝のように全身に伸びている神経を末梢神経といいます。坐骨神経はそのなかでも最も太く、長い神経です。お尻から太ももの後ろ側を通り、ふくらはぎや足先へとつながっています。坐骨神経痛とは、この神経に沿ってお尻から脚にかけて起こる痛みの総称、すなわち症状名であり、何かひとつの疾患をあらわす病名ではありません。

痛みは左右いずれか片側だけに起こることが多いのですが、左右両方に痛みを感じる場合もあります。具体的な症状には下記のようなものがあります。

座っているときにお尻がジーンと痛くなり、立って歩くと少し楽になる。座っているとき・横になっているときは何も症状がないが、立ち上がって歩くと、お尻から太ももの裏側や外側にかけて痛くなる。

姿勢に関係なく、常にお尻からふくらはぎにかけて痛みを感じ、立ったり歩いたりすると痛みが増す。

しばらく立ったり、歩いたりすると腰から脚が痛くなって歩けなくなり、そして少し腰をかがめて休めば、痛みがおさまってまた歩けるようになる。

辛い坐骨神経痛になると、痛みが強く日常生活もままならない状態になり、仕事にも支障をきたしてつらい毎日を過ごさなければならない!当院の坐骨神経痛の治療は根本原因である椎間板ヘルニアの治療をしてから坐骨神経痛の治療を致します。一回の施術で大勢の方が痛みからの解放されています。その方が早い治癒えと繋がります。坐骨神経痛の治療は当院にお任せください!

効果効能には個人差があります。