東京都で首頚椎椎間板ヘルニア、レントゲン、MRI、CTで検査異状なく手上がらず

2021/09/30 ブログ
問診

東京都で首 頚椎椎間板ヘルニア、レントゲン、MRI、CTで検査異状なく手上がらず、原因が分からず当病院では、治療お手上げですと言われて近くの整骨院で電気治療、針、マッサージなどで治療をつずけて6ケ月で筋肉が落ちて、右手が上に挙げれなくなってしまいました。当院に知人の紹介で来院してきました。先ず問診と触診をしてみました。首に痛みが在り、肩の痛み、肩甲骨周りの痛み背中の痛み、両方とも同じ症状である、言葉もうまくしゃべれなく、ロレツ回らないので当院での検査の結果、頚椎椎間板へルニアの症状であると考えられるので、当院の独自の頚椎椎間板へルニアの治療をして見る事に成りました。治療をしてから、上半身をツボほぐしマッサージで筋肉を緩めて、触診の結果、痛み、痺れが軽くなり、言葉もしゃべれるようになったので、ロレツも良くなり一回目の治療は終えました。本人に確認した処、来る前よりも、良くなっているとのことです。当院も嬉しく思いました。それにしても、当院の前に治療に通っていた、整骨院、整形外科で原因がわからないのか?頚椎椎間板ヘルニアには、色々な症状があるので、その症状に合った治療をオススメ致します。また、首が痛い、肩が痛い、肩が凝る、背中が痛い、また、腰が痛い、お尻が痛い、痺れる、等の症状が有るのに、整形外科病院などの診察を受ける方が少ない。診断して結果が分かっても、どうせ痛み止め、シップ薬などで様子を見ましょうと言われるだけだからと言われる人が多い!椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の症状が有る方は、悪化する前に、自分自身の体の状態を把握することが必要である。当院独自の椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の治療をオススメいたします。

効果効能には個人差があります。