東京都坐骨神経痛とは腰椎椎間板ヘルニア 治療 整体院で治る。 東京都葛飾区東金町 

2021/10/06 ブログ
施術

東京都坐骨神経痛とは腰椎椎間板ヘルニア 治療 整体院で治る。 東京都葛飾区東金町 坐骨神経痛とは痛みの総称で病名ではなく、痛み痺れなどの症状がお尻(臀部)から足先まで出て来る症状である。痛み痺れなどの症状が出ている場所によって神経の圧迫されている所が違います。坐骨神経痛が出来る原因は腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎すべり症、脊椎分離症などの症状が主な原因である。その中で一番多いのが腰椎椎間板ヘルニアである。そこで、椎間板ヘルニアについて述べていきたいと思います。腰痛が起こる原因の一つである。発症する原因は色々在りますが、ぎっくり腰、咳、くしゃみ、寝起きなどの症状で簡単に出来る病症である。腰椎に突発的に出来ることも多いのであります。椎間板ヘルニアとは椎間板からヘルニアが出来て痛みを出すのです。(へルニア)とは飛び出すことを指し骨と骨の間に有る椎間板の周りを取り囲む線維みたいな物でできている線維輪が有ります。その線維輪を突き破りゼリー状の髄核が飛び出すことを言います。病院整形でレントゲン検査、MRI検査CT検査などで、医師の診断によって椎間板ヘルニアになります。首に出来れば、頚椎椎間板ヘルニアで腰に出来れば腰椎椎間板ヘルニアとなります。その時に腰骨の後ろを通る脊髄神経を圧迫して痛みを出すのが腰椎椎間板ヘルニアである。病院、整形外科で手術を勧められて緊急を要する場合を除き手術は避けましょう。一度の失敗で取り返しが出来ないので!椎間板ヘルニアが神経を悪戯して出て来る症状が坐骨神経痛である。坐骨神経痛は先に述べたように、痛みの総称で病名ではなく、痛み痺れなどの症状がお尻(臀部)から足先まで出て来る症状である。痛みにも様々なケースが有り、軽い痛み痺れ、軽度の物~激痛で居ても立っても居られない状態になって病院、整形外科で手術をしない椎間板ヘルニアは痛み止めのブロック注射痛み止めの薬シップ薬などで様子を見ましょうと言われる、などででなかなか治らないのが悩みのたねである。 当院では腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の治療を得意としています。坐骨神経痛は椎間板ヘルニアの治療をしてから坐骨神経痛治療を行うと早い治癒がのぞめます。当院の独自の施術を致します。椎間板ヘルニアの治療は人間の持っている自然治癒力と免疫力を生かした体に優しい施術で一回の施術で大勢方々が治癒致しています。腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の治療は当院にお任せください!

効果効能には個人差があります。