頚椎症性神経根性 頚椎症 椎間板ヘルニア治療東京

2023/01/17 ブログ
問診
頚椎症性神経根性は、頚椎の変性(椎間板ヘルニア 、骨棘(こつきよく)形成など)により、椎間孔の狭窄が生じ、神経根が圧迫され、主に片側に痛みやしびれが生じる疾患だが、最近、パソコン作業で、前屈みの姿勢で、神経根の圧迫し椎間孔の狭窄なにより、両側に痛みが出る方々が多く見られる傾向にあります。レントゲン、MRIで神経根の圧迫を確認しにくい傾向にあり、頚椎症の判断される傾向が多いのが現状である!精密検査をするとわかりますが、現状はレントゲン写真で分からず頚椎症で片付けられ、痛み止めの処方、シップ薬で、様子見で終わるので、たまり病院に行きたがらない方々多い気がします。頚椎椎間板ヘルニア と、頚椎症性神経根性の症状は、にています。首の骨の位置がズレてるから、位置を正常な位置に戻すことで、痛みが無くなる人が多い!当院では、独自の技術のオリジナル施術で大勢の方が痛みからの解放されています